ハゲが遺伝する確率

ハゲが遺伝する確率って!?

AGAの発症は、

 

@男性ホルモンDHT、男性ホルモン受容体

 

A遺伝

 

が関係しているとされています。

 

男性ホルモンDHTに対する男性ホルモン受容体の感受性が

 

遺伝的に高いか低いかでAGAが発症するか否かが決まるようです。

 

ここでは、自分がハゲの遺伝を継承しているかどうか

 

確率が高い順からご紹介しますね。

 

90%以上の確率で遺伝

 

・親父が若いころから薄毛

 

・母親も若干禿げている

 

・母方の父親や兄弟が薄毛

 

70%以上の確率で遺伝

 

・親父が薄毛

 

・母親は普通

 

・母方の父親や兄弟が薄毛

 

30%以下

 

・親父普通

 

・母親普通

 

・両親の祖父母や兄弟が薄毛

 

10%以下

 

両親はもちろん親族にも薄毛がいない

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?該当していましたか?

 

まぁ、該当していても

 

日々の5αリダクターゼ対策を行い、

 

DHTが増えなければAGAが発症する確率を下げることが

 

期待できます。

 

また、ノコギリヤシサプリを活用することで、遺伝による感受性の

 

問題をクリアすることも期待できるかと。