ハゲる原因

ハゲる原因を徹底調査!薄毛になるメカニズムとは?

ハゲる原因?

 

ネットがなかった頃はその原因すらつかめませんでした。

 

ですが、今ではインターネットのおかげで

 

ハゲる原因はもちろんその対策でまで

 

あらゆる育毛情報を知ることができるようになったのです。

 

 

ハゲる原因とは?

 

 

男性はなぜハゲるのでしょうか?

 

髪の毛がたくさん抜けるからだと考える方も

 

いると思いますが、

 

男性の薄毛というのは、たくさん抜けるプラス

 

抜けた後、正常に生え変わらないという

 

特徴があるようですね。

 

生え変わる度に産毛化が進む、そして次第に髪が小さくなって

 

見た目的に薄毛になる、これが男性特有の禿げ方のようです。

 

 

そしてその原因の大半がAGAという男性型脱毛症の

 

メカニズムによって起こっているということです。

 

いま、AGA対策されている方は薄毛のメカニズムと

 

解消ポイントは知っておかれた方が良いかもですね。

 

 

管理人も詳細は知りませんが、下記のようなものだと理解しています。

 

 

なぜ後頭部や側頭部は禿げないのか?

 

薄毛で悩む方なら疑問に感じていることでしょう?

 

なぜ、後頭部や側頭部はハゲない?

 

 

前頭部や頭頂部はハゲるのに・・・。

 

 

これは、側頭部や後頭部には男性ホルモン受容体が

 

存在しないので、

 

悪玉の男性ホルモンDHTの影響を受けないということ。

 

逆に前頭部や頭頂部には男性ホルモン受容体が

 

存在するので男性ホルモンDHTの影響を受けます。

 

 

正直、男性陣みんな男性ホルモンDHTもありますし

 

同じように男性ホルモン受容体も存在します。

 

同じ条件なのに

 

なぜハゲる人とハゲない人に分かれるのでしょうか?

 

 

フサフサの人とAGAになる人の違い

 

ズバリ遺伝でしょう。

 

フサフサの人にもAGAを引き起こす要素である

 

男性ホルモン、

 

5αリダクターゼ(酵素)、

 

男性ホルモン受容体はあります。

 

 

ですが、男性ホルモンDHTが増えても薄毛にならないのは

 

遺伝的に男性ホルモンDHTに対する感受性が低いからです。

 

言い換えると、男性ホルモンDHTに敏感な体質ではないから

 

ハゲないんですね。

 

 

薄毛になるメカニズム

 

まず、通常の男性ホルモンと5αリダクターゼ

 

が結びつくことで悪玉の男性ホルモンDHTが生まれます。

 

このDHTと男性ホルモン受容体が結合し遺伝子に作用した結果

 

成長因子が増える人と脱毛因子が増える人に分かれるのです。

 

 

フサフサの人は男性ホルモン受容体の感受性が低いので

 

成長因子が増え薄毛になりません。

 

AGAの人は男性ホルモン受容体の感受性が高いので

 

脱毛因子が増えて薄毛になります。

 

 

そしてここで理解できるのは・・

 

AGAという状態は、成長因子の量を脱毛因子が

 

上回った状態になることを言うのでは?と言うことです。

 

 

 

薄毛の解消ポイント

 

薄毛のメカニズムを知るとやるべきことが見えてきませんか?

 

@5αリダクターゼの抑制

 

⇒AGAを引き起こす男性ホルモンDHTは
増えないようにしたほうが良いだろう。

 

 

A脱毛因子を削減

 

脱毛因子はある一定量まで増えると「髪の成長を止めろ」

 

という脱毛指令を発し、たちまち脱毛期に移行させられます。

 

 

⇒脱毛因子を削減すれば抜け毛が起こることはないだろう

 

 

C毛包に直接作用

 

活動停止中の毛包があれば、直接作用することで

 

再び活発に活動させることができます。発毛促進ですね。

 

 

B成長因子を増やすと

 

脱毛因子を減らし、成長因子を増やせば徐々に脱毛因子を

 

成長因子が凌駕する状態が出来、薄毛の状態から回復できるだろう。

 

また毛包が目覚めても成長期が短ければ毛包も育たない。

 

成長因子を増やせば成長期が延長され毛包も大きく育ち、

 

比例して太くて長い髪が育つだろう。

 

 

ちなみにリアップx5プラスは毛包に直接作用する効果と

 

成長因子を増やす効果があると言われています。

 

だからこそ発毛効果があると言われているんですね。

 

 

ですが、リアップx5プラスの効果を発揮させるには

 

最低でも5αリダクターゼの抑制はやったほうが良いですよね?