リアップx5プラスの効果

リアップx5プラスが効かなくなった時の対応術とは?

リアップx5プラスが効かなくなった時の対応術はこの2つ、

 

@5αリダクターゼ対策して男性ホルモンDHTを減らす

 

A成長因子「IGF-1」を増やす

 

AGA対策として2つとも取り入れたい対策ですが、1つでも

 

リアップx5プラスの効果にかなりの勢いがつくかと思います。

 

 

さて、リアップx5プラスを長期継続していると、

 

ある日を境に効果がマンネリ化したり、効かなくなった

 

と感じてしまうこともあるかもしれません。

 

 

理由はいくつか考えられますが、

 

多くの場合「AGAの症状の程度が思いのほか強い

 

という理由が挙げられると思います。

 

 

アナタが現在対策しているAGAという男性型脱毛症は

 

完治がないんですね。

 

リアップx5プラスは医薬品ですが、薄毛を治療しているわけではなく、

 

進行している脱毛症を食い止めるという効果しかないのです。

 

 

ダムを思い浮かべてみるとわかりやすいのですが。

 

ダムは勢いのある流れを食い止める働きをしてくれていますよね?

 

リアップx5プラスの効果もあのイメージです。

 

薄毛が進行している流れの中で毛包のミニチュア化を

 

食い止めてくれているに過ぎないのであり、24時間365日増え続ける

 

男性ホルモンDHTは食い止めてはくれないんですね。

 

 

そして効果のマンネリ化や効かなくなったというのは

 

決してリアップx5プラスが効いていないわけでなく、

 

薄毛に導く力の方が強くなり、徐々に押されてしまっている

 

状態だと考えられます。

 

ダムが流れに押されて決壊しかけているようなイメージ。

 

なので、通常通りにリアップx5プラスが効果を発揮するためには

 

男性ホルモンDHTの発生源である5αリダクターゼを抑え込み

 

DHTが増えないようにすることが大切です。

 

進行の程度を弱くしてやることが鍵です!

 

 

また、「IGF-1とDHTの関係」という記事の中で

 

AGAとは成長因子の量を脱毛因子の量が凌駕した状態だと

 

お伝えしました。

 

なので、リアップx5プラスの効果に勢いを付ける為に成長因子を増やす

 

という育毛も取り入れれば、

 

AGA対策としてより効果を実感できますよね?

 

 

アナタもそろそろ

 

5αリダクターゼ対策

 

成長因子育毛を

 

始めてみませんか?

 

 

あくまで管理人の経験上のお話ですが、

 

この2つの対策をやるのとやらないのとでは

 

1年後の頭髪状態が全然変わってきます。

 

 

それほどリアップx5プラスの効果に左右する対策なので

 

できればすぐに始められたほうが良いかと思いますね。